媚薬は私の精力を倍増させます

アクセスカウンタ

zoom RSS 性幻想“急に便意を催す”ことを緩和することができ

<<   作成日時 : 2014/03/23 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

性生活の回数はもっと多ければ、この男はもっと合格でもっと男らしい、彼の妻ももっと満足で、幸せになるとの言い方が男性の間に伝わっています。逆に、性愛の回数がより少ない夫なら妻に満足させることができなくて、男らしさに欠けると感じられます。

専門家の紹介によると、厳冬を過ごした後人体の各機能は春になると活発し始め、性腺も例外でないです。その上春の天気が暖かくて、人の活動能力も強めて、だからこの時人の性欲はとても盛んで、ある若い人は体調が頑丈で力強いことを頼りにして、性欲氾濫に任せ、容易に漢方医で‘房事過度’を招きやすくて、それによってインポテンツを引き起こします。このためたとえ春で性的衝動しやすい季節であっても、若い人の性生活の周波数は毎週1―3回ぐらい制御する方がよくて、中年人が毎週の1回ぐらい、老人は一両週間ごとに1回するほうがいいと専門は提案してくれます。

 落とし穴の5:セックスフレンドがなくて、性欲があるべきでありません。
  事実:一人の時、性欲に適切に発散させるのもとても重要です。つまり伴侶があっても、オナニーしてもいいです。
  落とし穴の6:ただ女が性冷淡になれます。
  事実:ただ女性が性欲低下を生じやすい、しかし、男も性欲低下の時期もあります。薬を服用、圧力大きい、飲酒、慢性疾病、老衰など、すべて男の性欲を下がらせます。

  絶えず技能を高めます。臨時応変の対処能力を高めます。異常な情況は恐らくスポーツ過程で発生します。性愛するときおなじに予想外な状況もあり、直面して、そして努力して解決するよう。交流することを学ぶ。性愛は二人で完成するスポーツ試合のようです、双方が息が合って組み合わせるのはとても肝心です。失敗に直面します。明日がもっと良いのを信じて、一回は成功しないで、次回また努力しましょう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
性幻想“急に便意を催す”ことを緩和することができ 媚薬は私の精力を倍増させます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる