媚薬は私の精力を倍増させます

アクセスカウンタ

zoom RSS これは大部分患者の真実な考えです

<<   作成日時 : 2014/04/11 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 性愛も“陽を喜ぶ”。研究によって、日光に接触するとドーパミン、セロトニンおよびMSHホルモンと称されることを分泌することを促進できるとわかった。これらはすべて性欲を増加できます。あたたかくて、心地良い屋外の環境中で入浴して、30分だけで気持ちは更にリラックスして、更に新しい環境を受けやすいです。日光はまた(メラトニンのレベル、を抑えることができ、感覚に更に鋭くならせ、これらはすべて性愛のために下地をしっかりと行いました。
男性は毎回の高潮は2.5秒ただ維持するだけことができます。このように計算すると、もし性的能力が40年、毎週2度の性交するなら、男性は一生およそ2時53分20秒の高潮を享受することができて、女性の高潮時間がこれよりまた短いです。

  脱兎のように動きます”。しかし、現実生活の中で、女性が恥ずかしためエッチの中で主動的に表現しにくい。これに対して、米国《男性健康》雑誌の最新研究によって、女の体を賞賛して、男性の性欲を引き上げると搭載した。しかし決して彼女の敏感地に対してむやみに論評しないでください。もしも予想確定できないで、 “安全”のお世辞を言うことができて、もし“このジーパンはあなたの臀部をもっと魅惑しに見せる!”女は生まれつきにロマンチックなことがすき、しきたりに賛美な話を受けても嫌にしません。男が必ず学ばなければならないです。

この疾病の発生も“媚薬”の毒が体内を集めて蓄え、外面へ排出して、体表を攻略することで招いた。
第3種類、生殖器官機能の減退。
“媚薬”の機能は一時的で、“扇動する”のようで、もたらした快感は性器官の興奮限界値を高めるだけではなくて、その上性器官をずっと回復できない疲れる状態を維持させ、最後に深刻な衰退を引き起こします。
第4種類、後代への遺伝弊害。

食事を過度に重んじて、過度に栄養を補って、それによって一定年齢に入ると高コレステロール、糖尿病、代謝症候群などの病気をかかりやすくなります。その上これらの基礎疾病はまた血管病変を招き、一歩進んで動脈狭窄、動脈硬化をもたらし、そうすると男性の性器官が勃起する時血流不足になってきて、それによってEDまで発展します。それ以外に、生活と仕事圧力は大きすぎるとまたEDを招くことができます。しかし大部分のED患者は一時的な発病するので、治療をうけなくても自然に治れます;大多数の患者は正規の治療を受けると改善、回復をすることができ、しかし多くの患者はタイムリーに医者にかかっていないで、むやみに薬品を服用して病状を悪化させます。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これは大部分患者の真実な考えです 媚薬は私の精力を倍増させます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる